新築一戸建てを購入する前に知りたい基礎知識

60代になっても新築一戸建てがほしい!そんな人が求める情報

どっちが老後にいい?

賃貸

簡単に住み替えができる他、物件によって賃料が違うため予算と照らし合わせながら選定できます。部屋数も物件に応じて違うので、夫婦二人だけの生活なら1LDKといった具合に人数に応じて選べます。

新築一戸建て

賃貸のような簡単に住み替えられるというメリットはないものの、持ち家が自分の財産になるのは魅力的です。自分の家なので、リフォームをしたり娘息子夫婦と同居したりする時に増築も可能でしょう。

新築一戸建てを建てる時に失敗を招く事例

no.1

家を作る時のポイントずれている

モデルハウスの内装や外装が気に入ったから、営業マンの人当たりの良さに惚れたからなどの理由で家を建ててしまうのはいけません。これから何十年も住み続ける家ですし、ゆくゆくは自分の子供や孫に家を譲るのですから、先の事を考えて家作りをする必要があります。

no.2

見積書を確認しなかった

新築で家を建てる時に見積書や工事の内容が記載された資料を頂きますが、一切目を通さず工事を開始する方もいます。見積もり書や工事内容をよく見ると材料費が異様に高い場合もあります。俗にいう一式見積もりを行なう業者にあたれば、トラブルは避けられないでしょう。

no.3

対応が早すぎた

家を作ることを決断してから次の日に契約書を持ってくるような業者はNG。こちらも検討をする必要があるので、考える時間を与えない業者は家づくりに失敗する確率がかなり上がります。逆に、契約書を見ながら丁寧に説明できる業者は、信頼感抜群でしょう。

新築一戸建てを購入する前に知りたい基礎知識

男女

新築を建てる上でのアドバイス

大阪で新築を建てる時に気を付けたいのは、建主にとって見積書の価格が適正であるかです。広さや導入する設備にとって違いますが、大体2.3千万円で建てられるでしょう。夫婦二人での生活なら部屋の広さもそこまで必要ないのでもう少し安く抑えられますよ。もしハウスメーカーや工務店の適正価格で家を建てるなら、そのまま契約しても大丈夫です。

費用を安く抑えるなら分離発注がおすすめ

60代で家を建てる場合、貯蓄した分で家を建てたいと考える人もいらっしゃるでしょう。この場合は、分離発注という方法で建てると適正価格で完成することが可能です。さらに、工事費も普通に建てるよりお得なのでこの方法なら60代でも気軽に家が建てられます。

広告募集中